1000万稼ぐIT系個人事業主とは

個人事業主のフリーエンジニアには、1000万の年収を稼ぐ人もいる。もちろんそれを常に継続できるかは別だが、フリーになれば高い報酬を得られるのは事実だ。と言うのも、未経験者も多く採用するIT中小企業は、大手クライアントに人員を派遣することで収益を上げているからだ。採用した中には、エンジニアとしては向かない人材もいるのでリスクも抱えている。それでも大量の人員を募集するのは、クライアントからかなりの報酬を受け取ることができるのが理由である。IT系個人事業主のフリーエンジニアとなれば、その高い報酬を直接受け取ることになるので、年収1000万も夢では無いのだ。ただし大事なのは、いかにそのクライアントから仕事をもらうかということである。人員を派遣するIT企業は豊富な人材を抱えることにより、クライアントが求める納期と品質を守ることができる。その信頼度があるからこそ、仕事を請け負うことができるのだ。

一方のフリーエンジニアの場合には、そのような信頼度はなかなか得られないのが現実である。そのためには、まず独立する前にいかに多くのクライアントとのコネクションを築いておくかが重要だ。個人のエンジニアとしての対応で信頼関係を築いておくことが必要なのである。そしてフリーとなってから仕事を請け負い、それをしっかりこなす経験を積むことによって、信頼度を増していくことにつながる。それが次の仕事に結びついていくのだ。
その他、独立後に高額年収を獲得するための秘訣はこちらのサイトから⇒(http://aimar10million.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です